profile

ウクレレ奏者/講師 鈴木昭寿 (すずき あきとし)

 

1986年神奈川県生まれ

北海道から九州まで全国各地で演奏活動、ワークショップを行う他、海外でも活動を展開。

日本が誇るギターメーカー高峰楽器製作所主催の”ふれあいコンサート”への出演の他、20165月には台湾で開催されたイベントに出演、2014年・2016年には韓国ソウルにて開催された”Alohaウクレレフェスティバル”のゲストとして招待され出演を果たすなど国内外で活動している。また、2016年の24時間テレビに生出演しウクレレ演奏を披露した。

  ソロ奏者としての活動と並行して、シンガーのライブ・サポート、レコーディングなどの活動も精力的に行っている。 

  また、ラジオの中で使用される楽曲やテレビCMに使われる楽曲のレコーディング、ジングルなどの作曲・編曲、2016年10月には自身が作曲&吹奏楽編曲そして作曲&混声4部合唱編曲を担当した2つのオリジナル楽曲が吹奏楽・合唱コンサートで使用される。また秋田県由利本荘市”B級グルメ本荘ハムフライ”公式ソングの編曲を担当、北海道の劇団による朗読劇で使用される楽曲の作曲など、作曲・編曲活動も精力的に行っている。 

 

 雪国の人にウクレレの魅力を知ってもらいたいと演奏活動の他レッスンやワークショップなども行なっている。2012年から本格的に北海道での演奏やワークショップを開始し年に3回~4回毎年北海道の札幌やニセコなどでも活動している。

 目指すは冬の雪が降る時期にコタツでウクレレを弾くという人が増える地域に東北・北海道がなる事。

 『東北・北海道の雪国にこそウクレレは合う』『コタレレ(コタツでウクレレ)』を広めて冬こそウクレレという文化を根付かせる為活動中。