プロフェッショナルとは何か…

今日は、午後から演奏☆

午前中はレッスン♪演奏が由利本荘市なので、久しぶりに家族でお昼も食べてから会場入り出来る^^/

 

先日、お世話になっているギターメーカーの高峰楽器さんに行った時、お昼をタカミネの社長に連れてって頂き、社長と取締役と方と3人で食べたのですが、面白い話からビジネスの真剣な話、アーティストのマネジメントについてなど、いろんな話を1時間ちょっとご飯を食べながらゆっくりとさせていただきました☆

 

ビジネスというのは、やはりビジネス!自分の今の状況に満足してはいけない、社長のその言葉に改めて気合いが入りました!

プロ意識を常に持ち、そしてそのプロ意識を常に高く持たなければいけないと、改めて社長と取締役の方との会話で痛感しました!

 

そして、食事の最後に社長が「鈴木くん、なんでも要望を言ってね。こちらは、それをはるかに超えるものでお返しするから!」と一言。

そして、取締役の方が「もちろん!必ず期待を超える状態でKisoをお返しするよ!」と。

その時、鳥肌がたった!自分達がやっている仕事にここまで自信を持ち、そしてこんなに真っすぐな目で、ブレない軸、そして精神で仕事をしているんだ!って。

僕は、この社長、そして取締役の方が率いるタカミネという会社だったら、自分の相棒を全て任せられると心から思いました!

これがプロなんだ。これが本物のプロフェッショナルという人間なんだと痛感しました!

 

そして、アップグレードから返ってきたKisoを、タカミネの音を確認する部屋や会社内にあるライブステージで確認の為弾くと、社長と取締役の方がおっしゃってた通りだった。僕の要望をはるかに超えた、Kisoが僕の手元にありました!

要望をはるかに超えた状態に出来る職人の尾崎さんもやはりプロフェッショナルだと思った!

Kisoの誕生までにきっといろんな試練もあったと様ですが、でもそれは最高のウクレレを作ろうというプロフェッショナルの集団だからこその試練で、そしてプロフェッショナルだからこそ超えられてきた試練なのかもしれないなと痛感しました!

 

僕は本当にすばらしい楽器とメーカーにサポートして頂いてると思います☆

 

僕も、プロのアーティストとして、タカミネの皆さんの期待に応えなければならない義務があると思った!

そして、レッスンに来て下さる生徒さん、ご依頼を下さるクライアントの方々、そして聴きに来て下さるお客様の期待をはるかにこえるものをお届け出来るようなプロフェッショナルになりたい!というかならないと行けない!

 

僕も「この人は本物のプロフェッショナルだ」と周りから認めてもらえるようなアーティストになれるように、頑張ります!!

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    みく (金曜日, 27 6月 2014 18:12)

    いつも楽しく拝見しています。

    高峰楽器を初めて知ったのですが、日本にこんなすごい楽器メーカーがあったんですね!
    素敵ですね。

    鈴木さんの演奏もよく聞いてます。
    応援しています♪

  • #2

    鈴木昭寿 (金曜日, 27 6月 2014 22:01)

    みくさん、コメントありがとうございます☆

    いつもブログを見て下さっているとの事で、誠にありがとうございます^^/
    タカミネ楽器本当にすごいメーカーさんです☆
    僕も大好きなメーカーです♪

    演奏も聴いて下さってるとの事で!!
    ありがとうございます☆これからも頑張ります♪
    是非今後とも応援宜しくお願い致します^^/